タンデム自転車で東淀川区民まつりに参加(9/16)

日時=2012年9月16日(日)午後
場所=東淀川区役所前

このたび、「大阪市東淀川区視覚障害者福祉協会」が「小澤社会福祉基金」の助成金を受けることになりました。同協会ではこの助成金をタンデム自転車普及のために使用することになり、その管理運用を「大阪でタンデム自転車を楽しむ会」に委託されました(事務局:あおぞら財団)。

そこで、タンデム自転車3台、駐輪ラック、ヘルメット、工具セット、空気入れ、ライトを購入できることになりました。
(写真)自転車に「小澤社会福祉基金寄贈」というシールが貼られています

9月16日の東淀川区民まつりでは、この助成金で購入したタンデム自転車2台をお披露目するために、パレードに参加いたしました。
(写真)タンデム自転車が2台パレードしているところ

多くの方にタンデム自転車の存在を知っていただき、視覚障がいのある人にとっては、レジャーとしてだけではなく、移動の手段としてもこの自転車の普及を望んでおられることをアピールできればと思います。

おまけの写真
ひとり、タンデム自転車をこぐ、あおぞら財団のインターン生・木村くん。
パレードを終えて、東淀川区から西淀川区へ淀川河川敷を走って帰るところです。対岸には梅田の高層ビル群が見えます。 ママチャリにて大阪~東京を往復してきたばかりの伝説男です。

(写真)ひとりでタンデム自転車をこいでいるところ

大阪でタンデム自転車を楽しむ会
フェイスブック http://www.facebook.com/osaka.tandem
体験会の案内やスポーツ部の報告などを発信しています。
アクセスして「いいね!」を押してくださいね。

以上

記・鎗山善理子(あおぞら財団)
※あおぞら財団は同会の事務局です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA