日本視覚障害者ヘルスキーパー協会主催「タンデム自転車試乗会」(9/29)

日時=2013年9月29日(日)10:00~12:00
場所=大野川緑陰道路(大阪市西淀川区)
主催=日本視覚障害者ヘルスキーパー協会
協力=大阪でタンデム自転車を楽しむ会
参加者=19人(ストーカ8人、スタッフ11人)
自転車=タンデム自転車9台
(写真)大野川緑陰道路の足つぼ広場。手前に大阪でタンデム自転車を楽しむ会とサイクルボランティアジャパンの旗が見えます。

日本視覚障害者ヘルスキーパー協会の会員さんによるタンデム自転車試乗会を大野川緑陰道路(大阪市西淀川区)でおこないました。
大野川緑陰道路の足つぼ広場で、説明、体操の後、一度試走をして、タンデム自転車9台で、西淀川区の端、矢倉海岸まで行きました。

(写真)大野川緑陰道路の自転車専用道路で、ヘルメットの準備などをしています。

(写真)タンデム自転車が並んでいます。出発を待つ参加者たち

主催者さんからは事前に次のように会の主旨を聞いていました。
「ヘルスキーパーとは、企業で社員を対象に、福利厚生の一環として社員の健康保持・増進に寄与するマッサージ師の総称です。
常には社員の健康に携わるものとして、自身が健康で、運動をしなければいけない立場にありながら、なかなか運動する場はありません。
そこで、スポーツのひとつとして、体験会を開き、タンデム自転車の魅力を伝えたいと思っています」。

(写真)いまからペダルをこぐところ

矢倉海岸までは、約5キロあります。
途中多少はアップダウンもありますが、みなさん元気に到着。
大阪湾をバックに潮の香りを感じながら、記念撮影をしました。

(写真)大阪湾をバックに記念撮影。向こうには高速道路湾岸線が見えます

中にはベトナムから来られている女性がおられ、大阪でタンデム自転車を楽しむ会の会員になりたいとおっしゃっていただきました。

ぜひ、みなさん、また、おこしください。

日本視覚障害者ヘルスキーパー協会 http://healthkeeper-jp.com/

記・鎗山善理子(あおぞら財団)

大阪でタンデム自転車を楽しむ会
■ホームページ  http://www.tandem-osaka.com/
「イベント案内、貸出情報、入会案内などを掲載しています」
■フェイスブック http://www.facebook.com/osaka.tandem
※あおぞら財団は同会の事務局です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA