産経新聞(2014/8/13)に掲載されました。「タンデム自転車」公道解禁を/視覚障害者の生活充実後押し

「タンデム自転車」公道解禁を/視覚障害者の生活充実後押し
と題して、産経新聞朝刊(2014/8/13)に大阪でタンデム自転車を楽しむ会の活動や地域によって公道走行の対応が異なることなどが紹介されました。

(写真)産経新聞記事。カラー写真2枚。1枚は大野川緑陰道路で走る鈴木(後ろ)、鎗山(前)のタンデム自転車。もう一枚は、8/5勉強会で講演する山田敦子選手
8月5日に開催した「タンデム自転車あれこれ勉強会」での山田敦子選手の話、大阪市立大学の吉田長裕准教授のコメントなどが掲載されています。

吉田長裕准教授のコメントを紹介します。

「タンデム自転車の活用は、移動手段が限られている視覚障害者にとって、
通勤や通学あ便利になり社会参加が促されるほか、
手軽に買い物に行くことができるなど行動範囲が広がり、生活の充実にも直結する。
大きな可能性を秘め、かつエコロジーな乗り物の普及が進む意義は大きい」

大阪でタンデム自転車を楽しむ会
【HP】http://www.tandem-osaka.com/
【FB】http://www.facebook.com/osaka.tandem
〒555-0013 大阪市西淀川区千舟1-1-1あおぞらビル4階(あおぞら財団内)
TEL:06-6475-8885 FAX:06-6478-5885
webmaster@aozora.or.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA