タンデム自転車の体験を行いました  (8/26)

8/26(水) 八尾視覚障害者福祉協会の6名の方にお越しいただき、タンデム自転車の体験を行いました。また、今回の体験には大阪経済大学のボランティア論実習生である深見と濱口が同行させていただきました。お昼の暑い時間帯でしたが海に向かって緑陰道路でタンデム自転車を走らせ、舞洲が見えてきたところでUターンをして1時間ほどの楽しい時間を過ごすことができました。

 

最初は前の人と後ろの人の息が合わずタンデム自転車を走らすことができない場面もありましたが、どんどんと上達しスイスイと走ることができるようになっていました。

炎天下での体験で多くの汗を流しながらも涼しい風に当たることができ、八尾視覚障害者福祉協会の方々にも大変楽しんでいただくことができました。

休憩時間にはみなさんから「とても楽しい。また乗りたい。」などの声をたくさんいただくことができました。

今回の体験では、ボランティア論実習生2人が前と後ろに別れて体験者を囲んで走り、乗車の補佐をするという形を取りましたが、特に乗車の補佐をする場面もなく前の人と後ろの人が息を合わせるだけで簡単に乗車できるタンデム自転車の使いやすさを感じることができました。

記・大阪経済大学 ボランティア論実習生 濱口愛士

 

あおぞら財団ではタンデム自転車のレンタルをおこなっています。

詳しくは「大阪でタンデム自転車を楽しむ会」のホームページをご覧ください。

http://www.tandem-osaka.com/

フェイスブック http://www.facebook.com/osaka.tandem

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA