韓国ハングル点字記念89周年・視覚障害者タンデム自転車大会(11/2)に参加!

韓国ハングル点字記念89周年・視覚障害者タンデム自転車大会(11/2)に参加!

表記のサイクリングイベントが韓国で行われ、日本の視覚障碍者と共に仁川からソウルに至る主に河川敷のコースをタンデム自転車で走りました。
用意されたタンデム自転車は20台で、日本・韓国の視覚障碍者が後部座席に乗り、サイクリングを楽しみましたが、韓国側のパイロットのほとんどは消防署のサイクリングクラブの方々がされ、その力強い走りに圧倒される場面もありました。

2日目の公式行事は、ソウル市内の「昌徳宮」に行きましたが、ここでは視覚障碍をもつ方が公式ガイドをされており、その案内で世界遺産の数々の観光をしました。
2日間ともマッポ地区にある点字図書館を訪れたり、昼食を共にするなど情報交換や交流の機会をつくっていただきました。
韓国では、3年前のCVJ海外ランで蔚山の視覚障碍者とのタンデム自転車交流に続いての2度目の交流ですが、これからも自転車を通じての国際交流を大いに深めていければと思っております。

(記・大阪でタンデム自転車を楽しむ会/CVJ大島政廣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA